Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Empty

2013年4月から社会人になりました。

「天使のくれた時間」(2000)を見た

この一年当たり、huluで時間を過ごすことが多くなってしまった。 せめて、感想文を自分に課していきたい。

見た映画

天使のくれた時間

ストーリー

13年前、ジャック(ニコラス・ケイジ)、ケイト(ティア・レオーニ)のカップル、 各々掴んだチャンスをきっかけで別れることになる。

ジャックはウォール街で成功し優雅な独身生活を満喫していた。 クリスマスイブの夜、不思議な黒人青年に出会う。 翌朝、目覚めると高級マンションで1人で寝たはずだったが、見知らぬはずの庶民的な家のベットで起きる。 横には13年前に別れた元カノのケイトが寝ている。そして子供までも2人もいる。 そう、ケイトと別れなかった場合の「もうひとつの人生」がそこにはあった。

何週間かその人生を過ごし、ジャックは本当に大切なものが何であるかに気付くという ファンタジー、ロマンチックな映画。

評価 ★★★★★

とても心温まる映画で所帯を持ちたくなった。!是非また見たい!

よかったシーン

ニコラス・ケイジの喜怒哀楽の表現力・演技力の安定感はさすがだったが、 ティア・レオーニが終始、可愛すぎた。こんな奥さんが欲しい。

監督のメッセージ

仕事一筋のビジネスマンだったジャックも、 最終的には、愛のあふれる家庭には敵わないことを学ぶわけだが、 社長まで上り詰めるだけの人間力があったから、 多くのものを手に入れられたのだと思っている。

監督はきっと、こう言いたいのだろう 「人生の充実度を上げたいなら、仕事も家庭も頑張れ!」と。